ALBUM

↓に

img_album

bootee1

歌屋BOOTEE


『ぶらぶらり』

2004/10/16 Release
BSMF RECORDS
規格品番 UBT-0010
定価/¥2,500円

歌屋BOOTEE
カサ・スリム(guitar & vocal)
芳賀正浩(guitar & vocal)

kasa_tenpo

カサ・スリム


『カサ・テンポ』

2007/8/29 Release
シルバーバーチレコーズ
規格品番 XQBA-1502
定価/¥2,500円

カサ・スリム(guitar & vocal)
マンボ松本(keyboard)
武藤ケンイチ(violin)

sokka

Kasa Slim Trio


『そっか。』

2010/10/10 Release
BSMF RECORDS
規格品番 KST-0001
定価/¥2,000円

カサ・スリム(guitar & vocal)
武藤ケンイチ(violin & guitar)
斎藤一郎 (woodbass)

「 Kasa Slim とは・・・」
カサ・スリムは、ほとんどロクデナシである。助平で阿呆で酒好きで、そのくせあまり酒が強くないものだから酔い潰れてすぐに何処でも寝てしまう、しようのない男なのだ。しかしこやつ、実は唄わせたらかなり凄い。ギターを爪弾きながらつぶやくように歌い出せば、刹那にカサ・スリムワールドが拡がる。「渋いギターをポロンと鳴らせば、夜の街がブルーズする」(アルバム【ぶらぶらり】あたしの彼はブルーズマンより)。面白くも悲しいちょっと情けない楽曲たちが、特有の脱力感を伴ってステージを濃密に支配する。この男の半径30m周辺がまさにブルーズするのだ。最新のアルバム【そっか。】では、新たな試みのワルツ調の曲から、「スローテンポ」「寺田町」など、お馴染みのナンバーのリアレンジも収録されている。いい調子で聴き入っていると、突然、「お前のスッポンポンが好きやー」(スッピンのこころより)と絶叫される。やっぱり我が愛すべきカサ・スリムは、ロクデナシなのである。
[文:西院の居酒屋 有象無象マスター]